Home実績紹介 > 水産施設/製氷設備新設工事

実績詳細
水産施設/製氷設備新設工事
担当者 西村
期間 平成24年12月01日 ~ 平成25年02月10日
目的
生産能力向上   冷却能力向上   省人化
環境への対応 品質向上 衛生向上
安全性能向上 省エネルギー   その他
工場面積
概要
設備にあわせた建屋を設計。 製氷設備2基(10t/1日・1基)(将来1基増設可) 貯氷能力40t。
工事のポイント
【問題点】
設備能力の決定にあたり、お客さまでは能力の判断が難しかったため、氷の使用量の平均値・ピーク値及び投資金額・ランニングコストを考慮し最適なものを提案。 貯氷設備については「根氷ができない方式のもの」という要望。
【改善策】
製氷能力は現状の使用量程度のものを導入し、将来的に能力を増強できるよう設計。 貯氷設備については、使用ピーク時にも対応できるよう容量を設計。 また、「根氷」については、底部移動型の貯氷設備を導入し問題の解消を図った。
効果
根氷が発生しなくなり、機械トラブルが減少。 氷の質の安定。 使用ピーク時の対応が可能になった。
備考
必要な設備は全て弊社にて個別手配を行い、それぞれ最適なコストパフォーマンスの機械を導入。 機械トラブル時には、担当者の携帯電話にアラームメールが届くよう設計。
  • 製氷設備設置風景
  • 製氷設備
  • 氷落とし口(貯氷設備)
  • 氷ならし(貯氷設備)
  • 建屋
TOP