Home実績紹介 > 食品工場/大豆計量設備工事

実績詳細
食品工場/大豆計量設備工事
担当者 西村
期間 平成25年9月1日~平成25年9月30日(工事期間は約1週間)
目的
生産能力向上   冷却能力向上 省人化
環境への対応 品質向上 衛生向上
  安全性能向上 省エネルギー   その他
工場面積
概要
工事のポイント
【問題点】
  • 改善前は、30kg入大豆を手作業で寸胴に投入していた。 その際、1階の倉庫から2階の倉庫まで大豆を運んでいた。
  • 設備導入にあたり、倉庫スペースを確保するため、できる限り機械をコンパクトにおさめなくてはならない。
【改善策】
  • 大豆を600kgのフレコンで受入、1Fの設備に投入し、 搬送ラインで2Fに運び、寸胴に入れる(120kg×5)。
  • 壁際に細長く機械を設置しスペースを有効利用。
効果
  • 省人化(5人工/月)
  • 重労働軽減
  • ゴミ軽減
備考
TOP