Home実績紹介 > 大規模農事施設/米の断熱パネル冷蔵倉庫(プレハブ冷蔵庫)

実績紹介

実績詳細
大規模農事施設/米の断熱パネル冷蔵倉庫(プレハブ冷蔵庫)
担当者 世古
期間 令和4年4月~令和4年8月
目的
生産能力向上   冷却能力向上 省人化
環境への対応 品質向上 衛生向上
  安全性能向上 省エネルギー   その他
生産能力 --
概要
米の断熱パネル冷蔵倉庫(プレハブ冷蔵庫)を新設。
保存に適した温度は10度〜15度で、保管環境によって米の鮮度と味が大きく変わる。
クライアントは、これまで、J-GAPを取得しトレーサビリティ管理を行うことで商品の付加価値を高めてきたが、さらなる付加価値向上をめざし、保存環境に適した冷蔵保管倉庫(10℃~15℃の定温倉庫)を建築。

<冷蔵保管倉庫の大きさ>
●冷蔵室 16.4m×13m
●常温室 15.6m×13m
●有効高さ 7m

工事のポイント
【問題点】
限られた面積の中に、できるだけたくさんの米を保管したい。
【改善策】
有効高さを7mとし、米を高く積んでも大丈夫なよう、壁は補強胴縁で補強。
天吊り式クーラーにし、保管スペースを確保。冷却器の清掃に手間がかかるという欠点もあるが、稼働期間が4月〜9月と短く、メンテナンス期間を長くとれるため問題ないと判断した。

効果
温度管理によって米の鮮度と味を維持したまま保管ができ、品質が向上。
(常温保存に比べて劣化スピードが半分) 
  • 冷蔵倉庫(プレハブ冷蔵庫)外観
  • 冷蔵倉庫冷蔵室
  • 天吊り式クーラー
  • 冷蔵倉庫常温室
  • ネズミ返し(設置前)
  • ネズミ返し(設置後)
TOP